二重査定が発生しやすい業者と修理代金

二重査定が発生しやすい業者と修理代金

車買取で避けたいトラブルの1つに、査定金額の減額があります。査定の段階で伝えられた金額よりも大幅ダウンしてしまう事が、たまにあるのですね。大手の業者などでは、たまにそのトラブルが発生しているようです。

 

2段階の査定で金額が下がってしまう事例も

 

例えばあるお店で、車の状態を見てもらったとします。それでお店から80万円という金額が伝えられたとします。そのお店に満足をしたので、車を引き取ってもらったとしましょう。

 

ところが後日業者から電話があって、60万円台になってしまうと伝えられる事があるのです。なぜなら車が引き取られた後に、業者がもう一度査定を行っているからです。それで何か不具合などが見つかって、20万円ほど下がってしまう事もたまに有るのです。車の売り手としては、ちょっとそれは納得いかない一面があるでしょう。たまにそれでご立腹な方もいらっしゃいます

 

修理代金に関する記載がある業者は要注意

 

ではどのような業者がそのような査定を行っているかと言うと、例えば修理代金に関して言及をしているような業者ですね。業者によっては、たまに修理代金が発生しますなどと契約書に書かれている事があるのです。過去における修理歴を隠していた時にも、修理代金が発生すると明記されているような業者もあります。

 

そのような所は要注意です。それはすなわち、車が引き取られた後に修理歴を確認する事を意味するからです。という事は2段階目の査定で、減額が発生してしまう可能性があるのですね。ですので契約書に修理代金と書かれている業者は、ちょっと気をつけた方が良いでしょう。

 

もっとも最近では、車買取の業者は修理歴を見破る為のツールも用いている事が多いと言われています。スマホなどを用いて修理歴を見破っている業者もあるのですが。そのような業者の場合は、二重査定ガ起こる確率は低いとは思いますね。

 

参考サイト:シエンタの売却